×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『デン・ハーグ(Hague)』歴史と芸術溢れる建物が建ち並び、国会議事堂・政府諸官庁などを抱えるオランダ第三の都市─。~アフィリエイト紹介サイト~嶋津球太

はじめに



 このサイトは『ハーグ』の紹介サイトです。
 『ハーグ』好きな方にも『ハーグ』に初めて行く予定の方にも
 『ハーグ』のスポット・情報を紹介していきます。

『ハーグ』とは

『ハーグ』
   「ハーグ」好きな方にも「ハーグ」に初めて行く予定の方に!


国会議事堂、政府諸官庁などを抱えるオランダの政治の中心地!
『騎士の館・国会議事堂ビネンホフ』を中心に,
池に浮かんでいるように見える荘厳な建物が、中央官庁や各国大使館などが集まっているビネンホフです。
騎士の館は元々はオランダの伯爵の邸宅で、王室のレセプションなどその他の公式行事も行われます。

デン・ハーグはノ-ルダインデ宮殿や騎士の館などの歴史的な建築物から庭園、
ミニチュア・タウン、カジノに風変わりな美術館まで見どころは多彩です。

ハーグ旅行に行ったならぜひ訪れたい観光地や見どころ、おすすめポイントをご紹介します。
『ハーグ』発のスイーツ、カルチャー、アートの最新情報を発信


行っておきたい「ハーグスポット」

『マウリッツハイス美術館(Mauritshuis Museum)』
オランダ黄金時代最高の絵画の本場!
・『マウリッツハイス美術館』
これを見るためにハーグに行くと言っても過言ではない、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」「デルフトの眺望」が所蔵されています。
「真珠の耳飾りの少女」の前は行列と人だかりが絶えません。

オランダの行政首都デン・ハーグが世界に誇る17世紀絵画を中心とした美術館で、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」、ファブリティウスの「五色ヒワ」、ポッテルの「雄牛」などの世界的にも有名な作品に加え、ルーベンス、ファン・アイク、ヤン・ステーンなど17世紀のオランダ・フランドル絵画が多く収蔵されています。
また美術館の建物もオランダで最も美しい建物のひとつです。


予約なしでも遊べる「ハーグスポット」


世界の名車が勢揃い、最も美しい車博物館!
『ローマン博物館(Louwman Museum The Hague)』
オランダでダッジとクライスラーのインポーターとして財を成したローマンさん一族が個人的にコレクションをした自動車の博物館です。
馬車の時代から現代までの車の歴史を学べる自動車博物館です。
約250台のアンティークカーやクラシックカー、レーシングカー、ハイブリッドカーが展示されています。

コレクションの車は自由に撮影可能ですが、オブジェやポスター、飾り物等の展示品は撮影禁止となっています。
建物も新しく、館内にレトロな雰囲気のカフェもあります。


「ハーグの観光スポット」

『エッシャー美術館(Escher in the Palace)』

「だまし絵」で知られるマウリッツ・コーネリス・エッシャーの美術館
・『エッシャー美術館』

視覚の魔術師と称され、実際には不可能な設定や目の錯覚を生み出す「だまし絵」「錯視画」と言われる作品を多く描いた巨匠エッシャーの作品を集めた美術館です。
版画もペンシルアートもどれも細かい作業により作製されており、見ていてどれも惹き込まれる作品ばかりです。

また部屋ごとに異なるシャンデリアがぶら下がっており、それを観るのもとても楽しいです。
彼の独特でユニークな作品は、世界中で高い人気を誇っています。


「オランダのミニチュアタウン」

『マドローダム(Madurodam)』
オランダの見どころをミニチュアにまとめたテーマパーク
『マドローダム』
オランダの国を全て25分の1に縮小した模型で作り上げたテーマパーク
ひとつひとつの造りは精巧にできており、風車や運河などのオランダらしい雰囲気が楽しめます。

『TRANSIT(トランジット)26号 美しきオランダ・ベルギー (講談社 Mook(J))』

『TRANSIT(トランジット)26号 美しきオランダ・ベルギー』
世界のさまざまな風景、ファッション、食、音楽などの多彩な文化を、“旅”というフィルターを通して紹介。美しいビジュアルとリアルな文章で、現地の空気感を伝えていくトラベルカルチャーマガジン。
・オランダ/アムステルダム:アムステルダム24時間 夏のある日、アムステルダムに24時間滞在して、“自由と愛の街”の“今”を切り取った。
・オランダ・ベルギー:絵画をめぐる不思議な冒険 レンブラントやフェルメールを輩出したオランダと、15世紀に美術シーンが花開いたベルギー・フランドル地方のアートをめぐる旅。


オーストリアの風景

『オーストリアの風景』
ウィーン、ザルツブルクだけじゃもったいない!
ハプスブルク帝国の残影色濃い都市部はもちろん、通常のガイドブックにはあまり載ることのないドナウ平原の町や村、 アルム農業・アルプスチロル地方の山岳観光など、「本当のオーストリア」の魅力に触れられる歩き方を教えてくれるます。

ありきたりの観光に満足しない、知的好奇心の旺盛な方におすすめです!!



『アムステルダム~芸術の街を歩く~ 単行本(ソフトカバー)』

『アムステルダム~芸術の街を歩く~』
注目度ナンバーワンのクリエイティブシティ!
世界のクリエイター達を惹きつけてやまない街、オランダ・アムステルダム。
ミュージシャンや建築家、デザイナー、アーティストがこぞって集まる「自由と創造の街」を楽しみ尽くすためのガイドブック。
アート、音楽、ファッション、フードなどの地元民推薦のとっておきの119軒を収録。く

定番の観光地も乗っている、大人向けのアムステルダムの観光ガイドです。




『ハーグ』


観光・デート・スポーツ・グルメ
抜群のロケーションのなか、多種多様な施設が集まり、何度訪れても

大人向けから子供向けまで、ファミリーで一日中楽しむことができます。
美味しい店 · おしゃれな人のためのおしゃれな街!

観光やお出かけ、デートや記念日には『ハーグ』へ
 住みたい街「レストラン&カフェ」
オシャレな街!
『ハーグ』
定番デートスポット紹介



ラフォーレ原宿


原宿発のファッション、カルチャー、アートの最新情報を発信

『その他海外』紹介・情報


『写真と地図で楽しむ体感トラベルガイド ヴェネツィア (impress QuickBooks)』

■『写真と地図で楽しむ体感トラベルガイド ヴェネツィア (impress QuickBooks)』
■ TravelersCafeWorldBookシリーズ第一弾、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」と呼ばれ、唯一無二の街、と称されるヴェネツィア。
海の都、その古く歴史ある街の魅力を、様々な業界や団体への写真提供実績豊富な編集長厳選の、大きく高画質な写真70枚超とともに、まるでヴェネツィアを、歩いているかのような感覚とともに、お伝えします。

■ より大きく鮮明な色調で街の雰囲気をお伝えするために、電子書籍購入者のみがダウンロードできる『特製オリジナルMAP』やツアー客が1時間で効率よく観光できる町歩きのポイントなど、旅のお役立ち情報も満載です!


それでも住みたいフランス(新潮文庫) [Kindle版]

■それでも住みたいフランス [Kindle版]
■ 世界一、気むずかしい人たちの、しなやかでしたたかな人生の極意、それでも住みたいこの国の魅力を紹介します。

■ 「フランス」と聞くとイメージする歴史ある芸術の数々、おしゃれなブランド品、豊かな食文化と芳醇なワイン……
それらを支えているのは、華やかなばかりではないしたたかな国民性。

■ フランス人とお金の関係、日本とは異なる教育、長い長い夏休みとアートに満ちた生活。世界一気むずかしい人たちの、しなやかな精神《エスプリ》は、人生の極意満載!


『ランチタイムが楽しみなフランス人たち (私のとっておき)』

■『テーマで選べる かんたん1日パリめぐり』
■ フランス人にとって一日のうちでいちばん大切な時間がランチです。
前菜、メイン、デザート、コーヒーを、ウィークデイであってもランチの時間内にたっぷり味わいます。

■「ランチワインは当たり前?」「フランスパンは食べ放題?」「フランス人は太らない?」「学校でもコース料理?」
驚くことばかりのパリのランチ事情。ランチタイムのルールやしきたり、フランス人の好みやこだわりを知れば、パリが100倍興味深くなります!

■ パンひとつ、バターひとつ、ハムひとつをとっても、激しく好みを主張し、あきれるほどにひとと議論するフランス人。
フランス人と彼らのランチタイムの過ごし方を通して、パリの食文化、街の風景をお楽しみください



その他概要『ハーグ』






更新情報・お知らせ

ホームページフォーマット更新 NEW UP
ホームページ更新・リンク集を追加 UP
ホームページを更新・MGシナンジュを追加 NEW
背景色を変更&『ハーグ』の概要を追加 UP
ホームページ編集 UP
『バンシィ チタニウムフィニッシュVer』追加 UP NEW
『ハーグ』ページをアニメ版に更新 NEW
『ハーグ』ページを更新 UP
ホームページアップデート UP
ホームページリニューアル

PR